2013年9月9日

不動産を探す時に重要視すること


Author: homeowner

不動産を探す時に重要視することって、人それぞれだと思います。
わたしは、以前土地を探していた時に、重要視していたことは、カンです。まず、予算なんかはあらかじめ決まっていますので、予算をオーバーしたものは、はなから見にも行きません。
そして、条件に合ったものの中から、決めるわけですが、その時にここだ!と最初に思ったところにしました。要は、そこで自分が住むことがなんとなく、イメージできたということだと思います。色々考えていたら、なかなか買えないし、こういう事って縁の問題だと思っています。
なので、いいなぁと思ったら、すぱっと決めましたね。買うときは、こんな感じでした。
さて、売るときはどうでしょうか。
わたしはマンションを売却したことがあります。やはり、価格が一番大事だと思いますね。
少しでも高く売れてほしいですよね。自分がそれまで住んでいて思いいれもありますのでね。もちろん、相場を理解した上でですが。
早く、高値で売れてくれたら、うれしいですね。
不動産の代表選手といえば、なんといっても家でしょう。
動かない財産のことを言うのだと理解しているので、わたしの場合、なんといっても家以外にありません。
子供の頃は、家があるのは当たり前というか、特に家について何かを考えるということはなかったように思います。
けれど、大人になってからは、家があるということがどれほどありがたいことか、それも追い出される心配のない、家賃を払う必要もない持ち家であるということも、たいそうありがたいと思っています。とはいえ、両親は今の家を手に入れるために、長い間住宅ローンを払ってきてくれたわけですから、何の苦労もなく手に入れた訳ではありません。それを思うと、これからも大切に住まなくてはならないと思います。腹がたって、よく壁などを殴ったり蹴ったりするシーンを、テレビドラマなどで見かけますが、大事な家にそんなことをしようものなら、家にはもちろん、両親にもご先祖様にも顔向けができません。
わたしにとっては、それくらい、心のよりどころである大切なものと考えています。